空気でフロアを浮かして振動をシャットアウト。ビルの2階以上でも設置可能です。

動画提供:プレミアヨコハマ7Fホール

三誠AIR断震システム

エアー防振フロアとは?エアー防振フロアとは?

床全体を空気で常に浮揚させておき、強い振動が加わっても浮揚させた空間の空気で吸収することで、床の振動を抑えることができます。従来はゴムやスプリングなどを床下に設置し振動を低減させていましたが、この方法では大勢の人が一斉に飛び跳ねるようなダンスホールやライブハウスの大きな振動に対しては限界がありました。エアー防振フロアは、振動の強弱に応じて空気圧をコントロールし調整するため、建物の構造躯体にほとんど振動を伝えません。
従来はこれらの施設を2階以上に設置するには技術的に大きな課題があり、ほとんど実現不可能でした。それがエアー防振フロアを採用することにより可能になります。すでにビル屋上の多目的イベントホールでの運用実績があり、イベントの客層にマッチした下層階の店舗の売り上げが伸びるといったシャワー効果を含めて、高い評価をいただいています。

防振フロア

こんな業態におすすめ

エアー防振フロアの仕組み

建物の階層を隔てるコンクリートスラブと床の間にクッション材などを用いて気密空間を作ります。その気密空間に小型のエアータンクから空気を送り込み、床面を数十センチ浮き上がらせます。空気圧が低い場合は弁を開いて圧縮空気を送り込み、空気圧が高い場合は安全弁が作動して外に空気を逃がします。床面に取り付けられた高さセンサーによってコンピューター制御していますので、床面は常に一定の高さを保つことが可能です。床面の周辺にはクッション材を取り付け、床が振動しても壁にはぶつからないようになっています。
コンクリートスラブと床面の間に空気のクッションを作りますので、数百人から数千人規模の人たちが同時に飛んだり跳ねたりしても、ビルの躯体には振動が伝わりません。

エアー防振フロアの仕組み

お客様の声が性能を実証しています。

最上階にイベントホールを設置できたので、シャワー効果による売り上げアップが図れました。

通常、商業施設の最上階にイベントホールを設置するのは難しいのですが、何とかお願いできないかということで造ってもらいました。
免震などに比べて圧倒的にコストが安く、階下にもほとんど振動が伝わりません。
最上階に集客施設があるおかげで、下の店舗の売り上げが伸びるというシャワー効果も確認できております。
コストの問題で最上階にイベントホールなどの集客施設は造れないとお考えの方に、ぜひおすすめいたします。

プレミアヨコハマ7Fホール支配人

企業情報

三誠AIR断震システムは、三誠ホールディングスグループの企業です。

会社名 株式会社 三誠AIR断震システム
代表取締役 三輪 富成
資本金 5500万円
認可登録 一般建設業 東京都知事 許可(般-28) 第145373号
主要取引金融機関 みずほ銀行 横山町支店
三井住友銀行 人形町支店
八千代銀行 八丁堀支店
住所

本社:
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4-6アライズ第3ビル3F

技術研究所:
〒300-0007 茨城県土浦市板谷7-310-9

沿革

平成17年11月
坂本祥一の発明した空気で家を持ち上げ地震の揺れを軽減する装置(エアー免震装置)の販売目的に設立

平成21年
エアー免震装置の商品名を「AIR断震システム」と命名

平成23年1月
社名変更 免震住宅有限会社より日本AIR断震システム株式会社に変更

平成24年3月
「AIR断震システム」が発明奨励賞を受賞

平成27年2月
三誠ホールディングスの傘下に入る。社名を株式会社三誠AIR断震システムに改め、本社を東京都日本橋に移転。

三誠AIR断震システム アクセス

本社

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4-6アライズ第3ビル3F
TEL 03-5643-2165 FAX 03-5643-2166

交通のご案内

東京メトロ東西線 茅場町駅 4b出口 徒歩4分
東京メトロ半蔵門線 水天宮駅 2番出口 徒歩5分

技術研究所

〒300-0007 茨城県土浦市板谷7-310-9
TEL 029-832-5730 FAX 029-832-5815