家だけでなく家族も守る、究極の地震対策。

家だけでなく家族も守る、究極の地震対策。

耐震、制震、免震で本当に大丈夫ですか?耐震、制震、免震で本当に大丈夫ですか?

三誠AIR断震システムなら、リーズナブルなコストで家も家族も守ります。

三誠エアー断震システムは、空気の力で家を空中に浮かせて地震の揺れから避難させる最新の地震対策装置です。地面と接していない浮いた家なら揺れません。その理屈を具現化したのがエアー断震装置。揺れがほとんどなく、家の倒壊はもちろん、家具の横倒しなどによる被害も未然に防ぎ、最愛のご家族を守ることができます。

AIR断震システムのしくみ。
浮上の仕組み01

地震の時に家が浮いていれば『地面の揺れを感じる事は無いだろう』という発想から生まれました。地震の揺れを感知すると瞬時にセンサーが感知して、エアータンクから空気を送り込み、家を宙に浮かせ揺れを建物に伝えづらくする装置です。震度7の揺れを約1/30に軽減することができます。

浮上の仕組み02
浮上の仕組み03

エアー断震システムは地震発生から約0.5秒~1秒程で空気タンクに貯蔵してある空気を人工地盤と基礎の間に瞬時に送り込み、建物全体を浮上させます。建物と実際に揺れている面は切り離されるため、建物そのものはもちろん、中に居る人や財産は地震の影響をほとんど受けずにすみます。また一般的な免震システムに比べ安価ですので、ローコストで究極の地震対策が可能です。

お客様の声が性能を実証しています。

  • 東京都 K様

    家を建て替えるつもりでハウスメーカーと契約していましたが、「AIR断震システム」がTVで取り上げられているのを見て、詳しい話を聞いたところとても安心感があったので、前の契約を解除して導入を決めました。安いコストで安心できる家を手に入れられてとても満足しています。

    東京都 K様
  • 東京都 H様

    家を建て替える際に、主人と息子に言われて「AIR断震システム」のデモを見に行って導入を決めました。引っ越してすぐに大きな地震がきましたが、家の外に出ることなく済みました。今では「AIR断震システム」を導入してよかったと思っています。

    東京都 H様
  • 茨城県 H様

    家を建てるのにあたり、主人が「AIR断震システム」を探してきて導入を決めました。東日本大震災の時も、食器棚はもちろん、家具類もまったく動いてませんでした。猫も寝たままでした。その効果の大きさに驚いています。安心を手に入れられてとても満足しています。

    茨城県 H様
  • 東京都 Y様

    免震、制震などいろいろ調べましたが「AIR断震システム」が最も効果があると思い導入を決めました。東日本大震災の時も外は揺れていましたが、家の中は大丈夫でした。終の棲家になる家が地震から守られることを考えると、決して高い買い物ではないと思います。

    東京都 Y様

数多くのメディアで取り上げられました。

メディア掲載一覧

よくあるご質問Q&Aよくあるご質問Q&A

導入に関するご質問

Q

設置条件はありますか?

A

AIR断震システムの採用は、木造軸組工法・2×4・2×6工法など木造及び木質建築物を対象としております。 鉄骨SRC・RC造などの大型案件については、現段階では開発中です。AIR断震システムを導入した神社仏閣等の工事実績もあります。

Q

AIR断震システムの価格はいくらぐらい必要でしょうか?

A

AIR断震システムは、建物の大きさ・バランス・形状・建てる地域などその案件により異なります。建物のプラン一つ一つ丁寧に対応してまいりますので、まずはご相談ください。

Q

既存の建物にAIR断震装置を設置できますか?

A

AIR断震システムを既存の建物に設置することは可能ですが、曳家やジャッキアップなど一旦既存の建物を移動して基礎部分から作り直す工事になります。そのため大がかりな工事となり、敷地条件等のご計画の内容によってご要望にお応えできる場合とお応えできない場合がございます。

Q

大きな建物の中で床だけを浮上させることは可能ですか?

A

工場など大きな建物内でのフロアAIR断震システムをご検討いただける場合には、現地調査をさせていただき施工可能の判断をおこないご提案いたします。
随時、現地調査を受付けていますのでお気軽に株式会社 三誠AIR断震(エアー断震)(TEL:03-5643-2165)へご相談ください。

Q

断震システムは、建てる土地 に制限はありますか?

A

免震装置では、地盤が弱く許可が下りない難しい土地でも設置できる可能性があります。
土地の条件が合わず免震装置の導入を諦めていた方もご相談ください。

Q

東日本大震災では、AIR断震システムはどうだったのですか?

A

青森県から静岡県までの地域でのお客様へ震災後に確認したところ、家が浮上したことで被害はゼロでした。その後の余震も含めて、設定震度以上の揺れがくると浮上するので、お住まいの方からは家が壊れないのでコストの面だけではなく、精神的にもとても助かっているとのご感想をいただいております。茨城県つくば市では震度6弱の強地震に見舞われたにも関わらず「寝ていた猫が地震に気づかず起きなかった」との報告もあります。

Q

大地震後の海沿いの街での津波、大都会での火災ではAIR断震システムを取り入れても意味はありませんよね?

A

どのような場所でも、地震が発生するのであればAIR断震システムを取り入れる意味や意義はあります。津波や火災に耐えられるというわけではありませんが、AIR断震システム採用の家に住めば、大地震でも家具等の転倒がないので落ち着いてより安全な場所に避難する事ができます。

Q

保証はどのようになっていますか?

A

AIR断震システムの装置の保証期間は各装置メーカーの規定に基づき機械装置については1年間、その他は5年間になります。適切なメンテナンスを行うことにより建物の耐久年数使用することが可能です。

Q

AIR断震システムを導入する事で工期がのびる事はありますか?

A

AIR断震装置は、極めてシンプルな装置です。設置工事も断震システム無しの工程より約10日(天候・その他の工程により変化します)の工程の追加で完了しますので、長期的な工期に影響はありません。

Q

AIR断震システムを導入する事での制約はありますか?

A

AIR断震システムは人工地盤と基礎が正方形・長方形・台形などの形状になります。L型や凹凸型の建物の場合などは、個別にご相談ください。混構造や地下室などは、技術的には可能ですが、現在は多くの制約があり難しい状態です。

地震時の起動に関するご質問

Q

建物は水平に浮くのでしょうか?

A

AIR断震システムは、建物の重心を考慮してほぼ水平に浮くための装置(バランサー)がついています。お引渡し前に最終試験を行い浮上状態を確認します。また、導入前のご検討中のお客様へは実際のシステムの見学が可能となっております。十分ご納得していただけるよう社員より丁寧にご説明をさせていただきます。システムの見学をご希望の方は、お問い合わせフォームの「見学希望」にチェックを入れてお送りください。。

Q

浮いた建物は元の位置に戻りますか?

A

地震の揺れがおさまると、今度は「位置修正装置」がはたらき、下降しながら元の位置へ戻る仕組みになっています。大震災の際に、数㎝の降下状況での誤差が出る場合がありますが、テストボタンで建物を浮上させて小型の油圧ジャッキで簡単に補正ができます。

Q

地震が起きた時、建物が宙に浮いてしまったらガスなどの配管はどうなるのでしょうか?

A

ガス、上下水道、電気はフレキシブル配管により損傷しないように設置いたしますので問題ありません。配管類は免震用継ぎ手を使用し、稼動幅に対応しております。

Q

東日本大震災のように長時間の揺れでも対応できますか?また、エアーの補充にどのくらい時間がかかりますか。

A

長時間の地震動の間に降下したとしてもセンサーが設定震度以上の揺れを感知すると再度瞬時に浮上します。一旦浮上するとエアータンク内の圧力が下がるのでその都度自動で補充します。補充時間の計算として時間は、タンク1本200リッター×本数×突出量で計算出来ます。上記計算式で算出できますが地震の揺れのパターンから問題がないように設計されています。

Q

もし装置が故障した時に地震がきたら?

A

AIR断震システムは、装置自体そのものが非常にシンプルで故障のリスクはほとんどありません。万が一大地震で作動しなかったとしても人工地盤と基礎の間でスリップを起こし揺れを吸収するため、一般の建物よりは被害を軽減できます。AIR断震システムの制御装置には手動の作動スイッチでいつでも浮上テストができます。(1回電気代約4円)お住まいの方ご自身でも簡単に作動状況の確認ができますので万が一の故障のリスクを軽減させることができます。

設置後に関するご質問

Q

通常の補充時の電気代はどのくらいですか?

A

タンクに空気を貯めるコンプレッサーが標準仕様のもので1回の浮上で約4円の電気代です。状況によりコンプレッサーがオプション仕様のものになると電気代も異なります。

Q

台風による影響は大丈夫ですか?

A

AIR断震システムは、平常時は人工地盤と基礎が重なって建っているので免震構法のように台風の影響を受ける事は全くありません。また、免震構法のようにロックを外したりなどわずらわしいこともありません。 大きな台風接近時にも通常の耐震建物と変わらずゆれたり建物本体が動いたりという現象はありません。

Q

停電が続いたら?

A

通常は普通の家庭用電力供給口から電気を送りセンサーが24時間監視していますが、停電時は、バッテリーに自動切り替えになるために大地震の後の停電時でも心配ありません。停電時は何度もくる余震に対応するためにある程度の大きさ(震度4から5に近い揺れ)の揺れではないと浮上しないようになっています。コンプレッサーが動かなくても約5~7回は浮上できるだけのタンクの容量を確保してあります。また、自家発電機を用意されるとより安心が得られます。詳細の操作方法や管理方法などにつきましては導入検討途中でも導入後でもすべてのお客様にご説明をさせていただきます。

Q

もしAIR断震装置のパーツを交換することになった場合、 比較的容易に交換できるものですか?

A

構成するほとんどの装置を容易に交換できます。

Q

アフターメンテナンスは?

A

AIR断震システムは、お手入れや保守管理のわずらわしさはありません。 地震後、空気の補充は自動でコンプレッサーによりタンクに補充されます。普段から、お住まいになっているお客様ご自身でも制御装置の作動スイッチ押していただくと、2~3分は浮上していますので外に出て目視でいつでも浮上確認ができます。(1回浮上する電気代は約4円)地震がこなくても、効果が発揮できるかの確認がいつでも簡単にできます。

AIR断震 全国販売店一覧

マップ
北海道
東北
北陸
関東甲信
近畿
東海
中国
四国
九州

販売店募集

エアー断震システムの販売店を募集しています。
専用の営業支援ツールをご用意しておりますので、取り扱いをご希望の工務店様や住宅会社様は下記よりお問合せください。

お問合せ
0356432165 平日:午前10時~17時
0356432166

企業情報

会社名 株式会社 三誠AIR断震システム
代表取締役 三輪 富成
資本金 5500万円
主要取引金融機関 みずほ銀行 横山町支店
三井住友銀行 人形町支店
住所 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4-6アライズ第3ビル3F
沿革

平成17年11月
坂本祥一の発明した空気で家を持ち上げ地震の揺れを軽減する装置(エアー免震装置)の販売目的に設立

平成21年
エアー免震装置の商品名を「AIR断震システム」と命名

平成23年1月
社名変更 免震住宅有限会社より日本AIR断震システム株式会社に変更

平成24年3月
「AIR断震システム」が発明奨励賞を受賞

平成27年2月
三誠ホールディングスの傘下に入る。社名を株式会社三誠AIR断震システムに改め、本社を東京都日本橋に移転。